つくる

【3Dプリント工作】ゲームボーイ名刺入れをつくってみた!

こんにちは!

うみっきむです。

3DプリントCADソフトをつかってゲームボーイ型の名刺入れを製作してみました。

CADソフトFusion360を使ってモデリング、3DプリントDMM.makeでやっています。

①ゲームボーイとは

Image by ptra from Pixabay 

ゲームボーイ(Game Boy)は、1989年(平成元年)4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。略称はGB。また製品コードはDMGで、「Dot Matrix Game」が由来。また、携帯型ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を突破した。ウィキペディア

②下線をスケッチする

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]まずは元になる画像を読込みます。

今回そろえられた下敷きになりそうな画像はこの正面のみになります。側面や裏面は画像として参考になるものをリファレンスとしました。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]画像を元にスケッチをします。側面部分には1.5mm内側にオフセットした線を引きました。これは後の工程で制作する側面の押し出し用の線になります。

 

③側面をつくる

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]側面を制作していきます。さきほど制作した正面のスケッチから押し出しを実行します。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]高さは1cm押し出しの厚みは1.5mmで制作します。

 

④正面をつくる

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]次に正面を制作していきます。

1.5mm押し出しして先ほど制作した側面を結合します。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]押し出し切り取りでディテールを入れていきます。モニター部分は穴を開けました。

 

⑤側面にディテールをつくる

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]側面のディテールを追加していきます。イヤホンジャックスイッチを再現していきます。

ディテールを足したい側面を選択してスケッチ平面を指定します。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]スケッチ平面ができたら下側にあるイヤホンジャック用のスケッチを引きます。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]切り取りをしてディテールをつけます。丸いほうは穴を開けています。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]他の側面を同じ要領でディテールを足しました。

 

⑥背面をつくる

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]背面のディテールを制作していきます。まずはスケッチをひきます。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]押し出し切り取りでディテールを入れていきます。カセット部分も再現しました。

 

⑦最終仕上げ

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]フィレットを実行して角を丸めていきます。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]データとしては完成しました。カセット部分を取り外せるようにしたのでここから名刺を出し入れする想定になります。

⑧DMMで3Dプリントする!

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]完成したデータをSTLで書き出しDMM.makeにアップします。

今回はナイロンナチュラルで注文します。

 

【副業】DMM.makeで3Dデータを販売してみる!こんにちは! うみっきむです。 自分でつくったものを販売してみたい!と誰もが一度は思ったことはあるはずです。 ですがこ...

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]3Dプリントしたものがこちらになります。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]このままでは味気ないので塗装をして完成させます。

⑨塗装する!

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]まずはサーフェサーを使い塗装しやすい下地をつくります。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]次にメインのボディカラーになる白色をタミヤのホビー用スプレーマットホワイトをつかって塗装します。

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]きれいに塗装が完了できました。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]他の部分の色を塗装する前にマスキングデープで養生をします。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]今回使用する色はこの四種類になります。白い塗料は塗装がはみ出てしまった時の修正兼グレイと混ぜて使用するために使用します。

  • タミヤカラー アクリルミニ  XF-1 フラットブラック つや消し
  • タミヤカラーアクリルミニ  XF-2 フラットホワイト つや消し
  • タミヤカラー アクリル塗料ミニ  XF-77 佐世保海軍 工廠グレイ 日本海軍
  • 水性ホビーカラー  H43 ワインレッド (マルーン)

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]十字キーのところにはフラットブラックを塗装していきます。

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]画面の周りには工廠グレイを使用します。下のセレクトボタンスタートボタンには白を混ぜてたグレイで塗装をします。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]AボタンBボタンにはワインレッドを塗装します。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]塗装が完了しました!

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]マスクキングテープをはがして最終仕上げをしていきます。

 

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]塗装面の保護艶出しのためにトップコートをスプレーしていきます。

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]最後にモニター部分透明プラバン0.4㎜を取り付けます。

 

⑩ゲームボーイ型名刺入れ完成

[jin_icon_comment color=”#e9546b” size=”20px”]これで完成です!