画像加工

【厳選】写真やイラストをドット化するおすすめの方法6選

こんにちは!

うみっきむです。

写真やイラストのバリエーション違いを制作する目的でドット絵にする方法を色々と調べてみました。

鮮明な写真やリアルなCGなどと違った雰囲気が魅力であり、ファミコンやスーファミをやっていた世代の方はどこか懐かしさも感じる加工ではないでしょうか。

そんなドット絵ができるおすすめな方法をご説明します!

ドット化する画像を選ぶ

無料で写真やイラストがダウンロードできるpixabayというサイトから以下の3枚を選び試してきます。人物、背景、イラストがそれぞれの方法でどのくらいのドット感か試していきます。

赤ちゃん

amyelizabethquinnによるPixabayからの画像 

パルテノン神殿

nonbirinonkoによるPixabayからの画像

海賊風ドクロイラスト

EgoAltereによるPixabayからの画像 

ドット化その1:低解像度メーカー

低解像度メーカーとは

指定の画像を直接サイトにアップロードして2つのスライダーのみでお手軽に調整してドット絵を制作すWEBアプリケーションです。

価格 無料
入手方法 WEBサイトにアクセス
ドット化する手順 画像をWEBにアップロードして変換後ダウンロード

 

ドット化する手順

まずは『ファイルを選択する』ボタンをクリックして、指定の画像を読み込みます。

デフォルトの数値で自動にドット化されるので好みのドット感になるまで2種類のスライダーで調整していきます。

  • 変換をかけてくれるファイルフォーマットはJPG、PNG、GIFのみになります
  • 読み込んだ画像が小さいと場合に指定のドットサイズに変換できない場合があります

好みのドット感になったら『ダウンロード』ボタンからダウンロードして完了となります。

 

 

ドット化した結果

サイトに画像を直接アップロードできるのでとても簡単にドット化することができました。調整項目も2種類なのでとてもラクちんです。

※クリックすると大きく表示できます。

 

ドット化その2:ドット絵こんばーた

ドット絵こんばーたとは

指定の画像を直接サイトにアップロードして各項目のバリエーションでドット絵を制作するWEBアプリケーションです。

価格 無料
入手方法 WEBサイトにアクセス
ドット化する手順 画像をWEBにアップロードして変換後ダウンロード

 

ドット化する手順

まずは『画像を開く』ボタンから指定の画像を読み込みます。

読み込む画像は4MBまでで、ファイルフォーマットはJPG、PNG限定なります。

次に6項目の値をそれぞれ設定していきます。

 

 

6項目の設定が終わったら以下の3つのチェックの有無をして最後に『変換する』ボタンを押します。

  • ティザリング
  • 透過PNGで書き出す
  • Twitterに1pxだけ透過
ディザリングとは境界部分の平滑化や誤差などを抑える手法です。

 

 

画像が変換されたら、画像の上でマウスの右クリックから名前を付けて画像を保存』を選択してダウンロードしたら完了となります。

 

ドット化結果

細かな調整までできるのでイラストまでしっかりドット化できました。彩度やコントラストまで調整できるのでメリハリあるドット絵がとても簡単にできるのでとてもおすすめです!

※添付画像の説明

画像を平滑化輪郭線を膨張上げるハイコントラスト:すべて弱設定

ディザリング:チェックなし

※クリックすると大きく表示できます。

 

ドット化その3 PixaTool

PixaToolとは

Davit Masia氏が開発をしている画像や動画をドットに変換してくれるスタッドアローンのツールです。
ピクセルの大きさ・コントラスト・彩度まで調整できるようになっています。調整した値はプリセット化できるため同じ効果を別の要素に適用することもできます。

価格 $ 49.84 $ 14.95 (202012月31日の午前8:00まで70%OFF)
入手方法 購入後に届くメールからダウンロードしてexeファイル実行
ドット化する手順 画像を読み込んでパラメーター調整

 

ドット化する手順

PixaToolを起動したら『Import』ボタンをクリックして、指定の画像を読み込みます。

 

次に『General』からドット化に必要な項目を調整していきます。『Pixelate』を調整してドット化しつつ今回の写真には『Gamma』『sharpen』でディテールも微調整します。

 

加工が終わったら『Export』から保存して終了となります。

PNG形式でしか保存ができません。

 

ドット化した結果

専門のツールだけあってきれいにドット化できました。機能も豊富なのでドット化の色々な表現も可能になっています。

※クリックすると大きく表示できます。

 

【簡単】写真や動画をピクセル化できるツールPixaToolを試してみる!こんにちは! うみっきむです。 写真や動画を簡単にピクセル化してくれるツール『PixaTool』を試してみました。 静...

 

ドット化その4:GIMP(ギンプ)

GIMPとは

無料で使用できる画像編集用ソフトウェアです。有料ソフトと比べても遜色ないほどの多種多様な機能を持ち合わせています。

価格 無料
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
ドット化する手順 基本操作ができれば可能

 

ドット化する手順

GIMPを開いたらドット化する画像を読み込みます。

 

輪郭に濃い目のグレー(好みで設定)で縁取りをしていきます。

写真の場合はメリハリが効いてよりドット絵っぽい効果がでます。

 

色の階調を下げる画像処理をしてきます。上部タブの『色』からポスタリゼーション』を選択、数値が低いほど色の諧調が少ない設定になります。今回は16に設定しました。

 

フィルターを使ってドット化していきます。上部タブの『フィルター』からぼかしのモザイク処理』を選択します。

 

数値が低いほどモザイクが細かくなります。今回は12にしました。

 

最後に彩度とコントラストを調整して終了となります。上部タブの『色』から『色相彩度』『レベル』で調整してドット化完了となります。

 

ドット化結果

少し手間はかかりますが自分の好みに調整できる点で無料なソフトGIMPはオススメです。

※クリックすると大きく表示できます。

 

ドット化その5:Photoshop(フォトショップ)

Photshopとは

アドビシステムズが販売している世界で最も有名な画像編集ソフトです。写真加工・合成作業、イラスト作成、様々なことが可能なソフトウェアです。

価格 フォトプラン 980円/月
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
ドット化する手順 基本操作ができれば可能

 

ドット化する手順

まずはPhotshopを起動してドット化したい画像を読み込みます。

 

上部タブの『イメージ』から『モード/インデックスカラー』を選択して色数を減らす作業をしていきます。

 

『パレット/ローカル(特定)』『表示色/16』にしてオプションは変更しないで『OK』を押して実行します。

 

次に画像を4分の1に縮小してから元の大きさに再度拡大していきます。

『イメージ』タブから『画像解像度』1280×851→320×213に縮小します。

縮小する大きさは元画像の大きさや再変換したときの好みで調整になります。

 

再び『画像解像度』で元の大きさ1280×851に拡大します。

 

再び『イメージ』タブから『インデックスカラー』から『RGBカラー』に戻します。

戻すことにより色調やコントラスト調整が可能になります。

 

最後に色相彩度トーンカーブで最終調整して完成となります。

 

 

ドット化結果

拡大縮小でとても簡単にドット化することができました。

 

※クリックすると大きく表示できます。

【Photoshopで試す】写真やイラストをピクセル化する無料プラグイン『Pixelate』を試してみる。こんにちは! うみっきむです。 Photoshopで簡単にピクセル化できるプラグインPixelateをご紹介したいと思います...

 

ドット化その6:Illustrator(イラストレーター)

Illustratorとは

アドビシステムズが販売しているイラストがベクターデータでつくれる世界一有名なソフトウェアです。

価格  年間プラン(月々払い)ー 2,480円/月
入手方法 契約後サイトからダウンロードしてPCにインストール
ドット化する手順 基本操作ができれば可能

 


ドット化する手順

Illustrator起動してドット化する画像を読み込みます。

 

上部タブの『オブジェクト』からモザイクオブジェクト作成』を実行します。

画像の大きさ1280×845ピクセルの解像度を考慮してタイル数幅100、高さ70で設定しました。

 

しばらく計算したのち画像に反映されてドット化完了となります。

ドット化結果

色調やコントラストを調整しなくてもしっかりドット絵になりました。

※クリックすると大きく表示できます。

 

まとめ

GIMPなどのソフトウェアは多少の操作は覚えないといけないのでドット化することのみを目的とするならばドット絵こんばーたがおすすめになります。

個人的にはPhotoshopが一番おすすめです!

最後まで閲覧ありがとうございました!