つくる

【3Dプリント工作】ミニけん球をつくってみた!

こんにちは!

うみっきむです。

3DプリントCADソフトをつかってミニけん玉を製作してみました。

CADソフトFusion360を使ってモデリング、3DプリントDMM.makeでやっています。

けん玉とは

けん玉(けんだま)は、十字状の「けん(剣)」と穴の空いた「玉」で構成される玩具。日本をはじめ、世界各国で遊ばれている。なお表記には剣玉拳玉剣球などがあるが、21世紀初頭では「けん玉」が一般的。 ウィキペディア

各部の名称

各部位の名称は以下になります。

モデリングではけん』『皿銅』『をそれぞれ制作していきます。

①けんをつくる

けんの部分を製作していきます。まずは片側をスケッチを作成で下絵を書いていきます。

寸法は大きいサイズ(通常のサイズ)で制作して最後に尺度を使って小さくしていきます。

 

できたスケッチを回転を使って立体にしていきます。

けんが完成しました。次に皿銅を制作してきます。

 

②皿銅をつくる

まずは皿銅を位置を決めます。

オフセット平面を使って下から115mmの位置に設定します。

 

皿銅も下絵を片側だけスケッチを制作します。

 

回転を使って立体にしていきます。大皿小皿と呼ばれる箇所もしっかりと差をつけて制作します。

 

皿銅が完成しました。次に2つのパーツを一体化させていきます。

 

③けんと皿銅を一体化させる

先ほど制作した2つのパーツを選択して結合で一体化させます。

 

接合部分をフィレットを形状を整えます。

 

けん皿銅一体化させたものが完成しました。最後にを制作していきます。

 

④玉をつくる

玉も同じくスケッチで片側だけ作成します。

を通す穴は今回はこの時点で入れています。もちろん後から空けても問題はありません。

 

回転を使って立体にしていきます。

 

これでが完成しました。

 

⑤仕上げ

を通す穴を皿銅の中央に開けます。

 

これで通常の大きさのけん玉が完成しました。

 

最後に尺度でミニけん玉のデータ用に調整していきます。

今回は約三分の一の大きさにします。

 

次は完成したデータを3Dプリントしていきます。

 

⑥3Dプリント実行

完成したデータをSTLで書き出しDMM.makeにアップします。

今回はナイロンナチュラル(磨き)で注文します。

 

【副業】DMM.makeで3Dデータを販売してみる!こんにちは! うみっきむです。 自分でつくったものを販売してみたい!と誰もが一度は思ったことはあるはずです。 ですがこ...

 

3Dプリントしたものがこちらになります。

 

このままでは味気ないので塗装をして完成させます。

 

⑦仕上げ

使用する塗料は下記の2種になります。

タミヤカラー XF-7 フラットレッド

アクリルミニ XF-59 デザートイエロー

 

 

フラットレッドで塗装していきます。

 

次にけん皿銅一体化させたものデザートイエローで塗装していきます。

 

塗装が完成しました。

 

次に塗装面の保護を出すためにトップコートを仕上げにスプレーします。

 

最後にタコ糸を取り付けます。長さは13cmほどです。

 

完成しました!

 

一般的なけん玉と比べると4倍くらいの差です。

 

まとめ

ミニチュアでかわいく仕上げれました!

ですが小さいので遊ぶにはたいへんかもしれません。

今回つくったものはこちらで3Dプリントできます!

うみっきむ工房DMM.shop

最後まで閲覧ありがとうございました!