画像加工

モノクロ写真を自動でカラーに!「ColouriseSG」をためしてみた!

こんにちは!

うみっきむです。

歴史的なモノクロ写真などをカラーで見れるようになったらと一度は思ったことはある思います。昨今はAI技術向上によりディープラーニングで簡単に実現できるアプリなどがでてきました。

色々あるツールのなかでColouriseSGというオンラインサービスを試してみました。

とても便利なので使い方から使用例までご紹介したいと思います。

①ColouriseSGの説明

公式ページ

ColouriseSGとは

ColouriseSGは、シンガポール政府のAIチームが制作した白黒画像自動でカラーにすることができるオンラインツールです。

※SGはシンガーポールの略称みたいです。

 

②簡単なやりかたを解説!

サイトを開くとシンプルな画面がでてきます。そのまま下にスクロールすると画像を読み込む画面になります。

 

下にスクロールした添付の画面が現れます。最初にロボットではないことにチェックを入れたます。

※日本語に翻訳しサイト表示に切り替えています。

 

チェックをいれたら赤枠の中心にSelect Photoというメッセージが表示されるのでクリックしてカラーにしたい写真を読み込みます。

 

今回はこちらの馬の写真を読み込んでみたいと思います。

Image by Linus Schütz from Pixabay 

 

読み込んでしばらく待つと添付のような画面が表示されます。中心の白線を動かしてカラー部分を確認することができます。

カラーにした写真は左の赤いボタンDownload resultから、白黒写真とカラー写真を一体化させた画像は中央の赤いボタンDownload comparisonからそれぞれダウンロードができるようになります。

 

 

カラーにした写真です。

 

白黒写真とカラー写真を一体化させた画像です。

 

③比較

カラーの精度を確かめてみます。こちらのクラシックカーの写真で試してみようと思います。

Image by S. Hermann & F. Richter from Pixabay 

 

画像加工のツールを使用して彩度を0%した写真にします。

 

ColouriseSGを適用してからさっそく元の写真と比較してみます。

 

左が元の写真で右がColouriseSGです。全体的に彩度がなくなってハイライトも少し鈍くなっていることがわかります。

 

 

④使用例

歴史的な写真などを試してみます。

第一次世界大戦:塹壕の兵士

Photo by British Library on Unsplash

 

 

第二次世界大戦:戦闘機

Photo by Museums Victoria on Unsplas

 

 

第一次世界大戦:塹壕の中のネコ

Photo by io9

 

 

実験中のニコラ・テスラ

 

 

タバコを吸うチェ・ゲバラ

Photo by vintag

 

 

ゴールデンゲートブリッジ建設中

Photo by acidcow

 

 

ノルマンディー上陸

Photo by Deja Vu

 

 

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

Image by Dariusz Staniszewski from Pixabay 

 

坂本竜馬

 

 

1908年(明治41年)の日本

Photo by vintag

 

 

モアイのシルエット

Image by Jamie Norman from Pixabay 

まとめ

とても簡単に白黒写真がカラーになりました!

最近では白黒フィルムをカラーにしてドキュメンタリー映画にしたり昔の記録映像が鮮明になって観ることができるようになってきました。

社会の教科書の白黒写真もフルカラーになる日も近い!?のではないでしょうか。

最後まで閲覧ありがとうございました!