画像加工

無料のPhotoshop!? PhotopeaとPhotoshopを比較してみた!

こんにちは!

うみっきむです。

Photopea(フォトピー)というオンライン上で使用するツールを試してみました。操作性はPhotoshopにそっくりで無料で使用することができ、とてもおすすめなので色々解説をしたいと思います。

①Photoshopではダメなのか?

Photoshopはサブスクリプション形態になり一番金額が安いフォトプラン/クラウドストレージ20TBの金額的は下記になり、個人で使用したい方にはそれなりの出費になります。

  • 年間プラン(月々払い)ー 980円/月
  • 年間プラン(一括払い)ー 11,760円/年

 

②Photopea(フォトピー)の説明

公式ページ

Photopeaとは

Photopeaは、オンライン上で無料で使用できるPhotoshopにとてもよく似た画像編集ツールです。
ログインや会員登録も必要とせず、インストールをする必要もありません。
無料で画像編集したい方や、Photoshopは使いたいけどお金が掛かるのはちょっと…っという方に是非おすすめなオンラインサービスになります。

 

②PhotoshopとPhotopeaを比較してみる

PhotoshopPhotopea(フォトピー)を簡単に比較したいと思います。

比較するPhotoshopcc2018を使用します。

比較する項目はツールバー/メニューバー/レイヤーパネルを中心に比較していきます。

 

 

ユーザーインターフェース

ユーザーインターフェースはほぼ同じつくりをしています。Photopea(フォトピー)のが右側に広告などが表示されてしますので少し狭いかもしれません。

Photopea(フォトピー)

 

Photoshop

 

ツールバー

ツールバーの仕様はほぼ同じなのでPhotopea(フォトピー)で違和感なく使用できると思います。

 

メニューバー/ファイル

Photoshopの機能の多さはありますが、あまり使用しない機能などもあるのでPhotopea(フォトピー)でも問題ないと思います。

 

メニューバー/編集

Photopea(フォトピー)は最低限必要な項目のみ揃えた感じです。Photoshopの機能の多さが際立ちます。

 

メニューバー/イメージ

Photoshopモードの項目は重要ですが、機能に遜色はないと思います。

 

メニューバー/レイヤー

こちらもPhotopea(フォトピー)は最低限必要な項目のみ揃えた感じです。Photoshopの機能の多さが際立ちます。

 

メニューバー/選択

色域指定など選択に必要な機能がPhotopea(フォトピー)にはありません。

 

メニューバー/フィルタ

Photopea(フォトピー)フィルターギャラリーの機能の少なさは残念ですが、あとの機能は問題なく使用できます。

 

メニューバー/ウインドウ

Photoshopの機能の多さはありますが、あまり使用しない機能などもあるのでPhotopea(フォトピー)でも問題ないと思います。

 

レイヤーパネル

レイヤーパネルの仕様もほぼ同じなのでPhotopea(フォトピー)で違和感なく使用できると思います。

 

Photopeaの簡単なやりかたを解説!

カモの画像を読み込んでPhotoshopと遜色なく使用できるかやってみます。

 

レベル補正レイヤーパネルから実行します。

 

本家のレベル補正と遜色なく使用できました。

 

レイヤーマスクも試してみます。まずは色相/彩度をレイヤーパネルから実行します。

 

くちばしの彩度を残してみました。こちらも本家と遜色なく使用できました。

 

テキストに関しては英語のものが充実していますが、日本語フォントも読み込めば使用できました。

 

Photopeaで取扱い可能なデータ

読込み可能ファイルフォーマットはこちらです。PSDなど他のソフトのものも読込み可能となっています。

 

書き出し可能ファイルフォーマットはこちらになります。

PNG/JPG/SVG/GIF/PPF/EMF/WEP/PPM/TIFF/ICO/ODS/TGA/RAW

 

Photopea便利な機能

新規作成テンプレート

新規作成の際に様々なテンプレートが選べてるようになっています。

SNSで使用する画像サイズの選択や右のようなテンプレートを組み込むことも可能になっています。

 

PC以外のデバイス動作

Photopea(フォトピー)あらゆる種類のデバイスでうまく動作します。タブレットやスパートフォンからの操作も可能でした。

PCじゃないと操作はしずらいです…

 

まとめ

Photopea(フォトピー)は簡単な画像加工などにはとても便利に使用できることがわかりました。

ただ、本格的なレタッチの作業やマットペインティングなどはPhotoshopには叶わない印象です。

最後まで閲覧ありがとうございました!