画像加工

【厳選】写真をレトロ&ビンテージ化するおすすめの方法7選

こんにちは!

うみっきむです。

スマホでとった写真をインスタ映えさせるための方法の一つにフィルム風に加工する方法があります。クリアなデジタル写真を加工することにより、より記憶に残る効果があると思います。

そこで写真や画像をレトロ調ビンテージ調にする方法について色々調べてみました。

さまざまなアプリツールなどから簡単に実行できる方法をご説明したいと思います。

加工する画像を選ぶ

無料で画像がダウンロードできるpixabayというサイトから以下の4枚を選びそれぞれのツールで試してきます。

【マンハッタンのタクシー】

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

【ベトナムの女性】

Sasin TipchaiによるPixabayからの画像 

【ストームトルーパー集団】

LMoonlightによるPixabayからの画像 

ニューヨークの夜景

Charlie YoonによるPixabayからの画像 

その①:幕末古写真ジェネレーター

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]幕末古写真ジェネレーターとは

アップロードした写真を幕末の写真っぽく自動加工してくれるWEBアプリケーションです。

価格 無料
入手方法 WEBサイトにアクセス
手軽度 ファイルをアップロードするだけ
機能 操作は不可、アップロード⇒ダウンロードのみ

 

加工の手順

WEBサイトを開いたら指定の画像をからアップロードします。

アップロードが完了したら『古写真風にする』を押します。

 

すると自動で加工されるのでダウンロードタブからを押し、ダウンロードして加工完了になります。

画像は縦横それぞれ800ピクセル以内に制限がかかってしまいます!

加工の結果

加工結果です。黒い汚れのような部分は4枚とも同じ個所にあることがわかります。

 

その②:写真加工.com

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]画像加工.comとは

無料で写真を加工編集ができるWebアプリケーションです。170種類以上のツールと複数のパラメーターによる加工可能になっています。

価格 無料
入手方法 WEBサイトにアクセス
お手軽度 ファイルをアップロードしてフィルター適用
機能 170種のフィルターとパラメーター調整が可能

 

加工の手順

WEBサイトを開いたら指定の画像をからアップロードします。

アップロードが完了したら『レトロ』を選択します。

 

レトロを選んだらの部分にフィルターの種類A~Fまで表示されるので一つを選択します。

次に書き出すサイズやフォーマットをの部分で設定してからのダウンロードボタンを押して加工完了になります。

の部分からフィルター適用後の調整も可能です。

加工の結果

フィルター『フィルターA』の結果です。

 

その③:モジマル

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]モジマルとは

携帯用とPCサイトが利用できるWEBアプリケーションです。いろいろなフィルターの他に画像を複数使った加工アニメGIFなどもできたります。

携帯サイト

PCサイト

価格 無料
入手方法 携帯用サイトとWEBサイトにアクセス
手軽度 ファイルをアップロードしてフィルタを実行
機能 複数画像の加工やアニメGIFをつくれる

 

加工の手順

今回は携帯サイトからのやり方を説明していきます。

携帯サイトからビンテージ項目の『加工をする』にアクセスします。

アクセスできたらから指定の画像を読み込みます。読み込みができたら画面下のの部分から指定のフィルターを選択します。

 

 

フィルターを選択できたらの画像中心を長押しするとの項目が表示され指定の保存先を選択して完了になります。

 

加工の結果

1番のフィルターの加工結果です。

 

その④:XnRetro

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]XnRetroとは

アプリとPC用のツール両方で使用できるのが特徴の無料ツールです。

他の機能は一切なく、レトロ加工に特化したアプリケーションになります。

価格 無料
入手方法 PCの場合はダウンロードしてexeファイル実行
お手軽度 ファイルをアップロードしてフィルターを実行
機能 レトロ加工に特化した様々な機能

 

加工の手順

今回はPCからのやり方を説明していきます。

XnRetroをダウンロードしてからZIPを解凍したファイルの中のexeファイルを実行します。

 

XnRetroが起動したらから加工した画像を選択したらのフィルターを実行します。

フィルターが実行できたらから指定の場所にダウンロードして完了となります。

の部分からフィルター適用後の調整も可能です。

加工の結果

フィルター『Retoro6』の結果です。

その⑤:Snapseed

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]Snapseedとは

スマホアプリになりますがSnapseedのフィルターでもレトロ加工が可能です。

PCでダウンロードした写真をGoogle ドライブなどでスマホと共有することでスマホアプリからの加工が対応可能になります。

価格 無料
入手方法 スマホにアプリをインストール
お手軽度 ファイルをアップロードしてフィルタの種類を指定
機能 レトロフィルター以外もフィルター多数

 

加工の手順

Snapseedを起動できたらから指定の画像を読み込みます。読み込みが終わったら下のの部分から『ツール』を選択します。

 

次に『レトロラックス』を選択してのフィルターを実行します。

 

フィルターが実行されたら『エクスポート』を実行すると指定の保存先を選択できるので保存をして完了になります。

加工の結果

フィルター『フィルター11』の結果です。

 

その⑥:GIMP

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]GIMPとは

もっとも有名なオープンソースの画像加工ソフトのGIMPと画像編集プラグインのGIMCを使用することで簡単にレトロな画像加工が可能になります。

GIMP

価格 無料
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
お手軽度 習得には時間が必要
機能 オープンソースと思えない機能の多さ

 

GMIC

価格 無料
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
お手軽度 プラグインを起動してフィルターを実行
機能 フィルターの種類がとても豊富

 

加工の手順

GIMPを開いて加工したい画像を読み込んだらフィルターから『GMIC-Qt』を実行します。

 

すると別のウィンドウが開きGIMCの画面になるので『Colors』から『Vintage Style』を実行します。

フィルターが適用されたら右下のからOKボタンか適用でGIMP画面の戻れるので保存をして完了となります

その⑦:Photoshop

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”20px”]Phtoshopとは

ご存じ、もっとも有名な画像加工ソフトのPhtoshopと画像編集プラグインのNik Collectionを使用することで簡単にレトロな画像加工が可能になります。

Phtoshop

価格
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
手軽度 習得には時間が必要
機能 最高の機能の数々

 

Nik Collection

価格 過去バージョンは無料
入手方法 WEBサイトからダウンロードしてPCにインストール
手軽度 Phtoshopがないと使用できない
機能 とても高機能

 

加工の手順

Phtoshopを開いて加工したい画像を読み込んだらフィルターのNik Collection』からAnalog Efex Pro2を実行します。

 

すると別のウィンドウが開きAnalog Efex Pro2の画面になるので『ツール』から『クラシックカメラ』を選択します。

左側にあるからフィルターを実行したらの右下のOKボタンでPhotoshop画面の戻れるので保存をして完了となります。

 

加工の結果

クラシックカメラ1のフィルター結果です。

 

まとめ

PhotoshopGIMPを持っている人や習得している人はあえて他のツールを使う必要はないと思います。Nik CollectionGIMCを使用したほうが断然いいと思います。

どちらも使ったことがない人はスマホアプリとPC用のツール両方で使用できるXnRetroが手軽で簡単です。

個人的にはPhotoshopが一番おすすめです!

最後まで閲覧ありがとうございました!